あい染め

今回はあい染めです

タデ科の蓼藍、アブラナ科の大青、キツネノマゴ科の琉球藍、また、アジア各地では、マメ科の木藍があります。このなかから、蓼藍とインド藍(木藍)で染めました。
 


あい染めには防虫効果があり毒蛇や虫などをよせつけず紫外線防止効果もあるそうです。また肌荒れ、冷え症も防ぎ、殺菌効果もあります。古来から愛用されているのです。

くるんであげたくなるやわらかさ。

シルクとガーゼを用意いたしました。





 

2013年の虹染め

ようやく梅雨らしくなってまいりました。

梅雨入り宣言してからまったく雨の降らなかった6月の

風もさわやかなお日さまがまぶしいある1日

なのはな園、親の会の手仕事がおこなわれました。

「私はここにいる」というはっきりとした’意志’をもてるように

心をこめて明るい虹色に染めてみました。

大人のための1日体験や講演会などでお会いできるでしょうか?

その時はぜひ手に取ってみてくださいね





nijizome 

父さんの手しごと

めまぐるしく変わる「秋の空」に体調を崩されてる方も多いのではないでしょうか?

それでも、照りつけるような日差しや蒸し暑さも少し和らぎ、

夜には涼しい風を感じられるようになってきました。

そして、リンリンと鳴く鈴虫たちの声を聞きながら、秋の夜長にはぜひ手仕事を。


なのはな園の父さんが作ったこんな素敵なボタンを見たら

何をつくろうか、わくわくすること請け合いです!






母さんたちが作ったフェルトバッグのアクセントにしても良いですね。






今週末のオープンデー「小さなバザー」でお手に取ってみてください♪



秋のきのこ人形




まだまだ残暑も厳しいですが、
日の沈むのが早くなったなぁと来る秋を感じます。

蝉が鳴く木を見上げれば、青いいがぐりやどんぐりもちらほら。

なのはな園の母たちも秋の準備にとりかかりました。

試行錯誤して作った「きのこ人形」は
作り手によって色とりどり、お顔の表情もそれぞれ違います

夏休みの間の楽しかった思い出をシェアしながら、
久しぶりに会う小さな弟妹たちの成長に目を細めながら、
おいしいものを食べながらの手仕事の時間はあっという間に過ぎていきました。


9月29日のオープンデーで
是非お手に取ってみてくださいね。

藍染め

今日、なのはな園では「てとてと」と「なたね」が開催され、

賑やかで、楽しい1日となりました。

お天気にも恵まれ、気持ちのよい日でしたね〜!


いらしてくださった皆さま、ありがとうございました!

これらの催事のご報告は、また追っていたします〜。



さて、今日の話題は「藍染め」です。


梅雨の合間のさわやかな1日だった、先週のとある日。

なのはな園の母親たちが集まって「藍染め」をしました。


先日、「虹染め」のご報告をしましたが、

園では毎年この時期に「虹染め」と「藍染め」を行なっています。


虹染めも、とても美しいものですが、

自然からの恵み「藍」を使った藍染めも本当に素敵。

夏の太陽や緑にとても映えるのです。


藍染めの手順はこんな感じです。


ビー玉や、割り箸で絞り模様をつけたTシャツやバッグを

染液につけると、最初は緑色になります。

「え〜、この緑が、あの色になるの???」というような色です。



布の厚さや、種類によって染まり方が違うので

様子をみながら、染液に浸けます。



染まったら、布を染液からひきあげ、一度洗います。

この時点で、色は既に緑から藍色に変わっています。

空気に触れることで、色が青く変わるのだそうです。


そして、お酢で色止め。

チビちゃん達も興味津々。。。



すすいだものを干して、できあがり。

ビー玉や割り箸で絞った模様がついています。



緑に映えますね〜!


染め上がったTシャツやバッグは、なのはな園のこれからの催事で

販売します。機会があったらお手にとって、ご覧くださいね!




それでは、みなさまよい週末を!



最新記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

カテゴリー

過去の記事

リンク

サイト内検索

管理者用