みんなで作る看板 完結編


春の光 枝の影 鳥のさえずり 花の色

だいぶ暖かくなってきて、春は思ったより近いみたいです。
 

昨年秋から作り始めた新しい看板

3月の卒園式までには間に合わせようとコツコツ作ってきました。




看板作りはみんなシロートですが
各業界の第一線で御活躍のお父さんお母さん方の専門技術、知識を絞り出し
ついに完成へこぎつけました。


そしてなによりも、なのはな園に思いを込めて
みんながひと彫り、ひと彫り手を入れました。

保育中、子どもたちが楽しそうに遊ぶ声に包まれつつ
色々な話に花を咲かせながら母たちが、OBたちが
お休みの日に集まってくれたお父さんたちが。




園のお餅つきの時には、先生方にも手を入れていただきました。


そうしてなんと完成したのは卒園式の1週間前 
どうにかこうにか間に合いました。。。(汗)




着色塗装の作業です。 

熱が入ります!




看板の脚部を差し込む穴を掘っていたら、かわいらしいゲストもお出ましです。

ヒキガエルたちが冬眠していたのを起こしてしまった様です。


緑豊かな井の頭にあるなのはな園は
虫や昆虫もたくさんいて子供が自然と触れあえる素晴らしい環境にあります。




最後に脚部の取り付け
 

さぁ! 設置して完成です。


たかが看板 されど看板

 

素朴な看板ではありますが、

みんなで大事に大事に触れ合うことで無限の可能性と豊かさを感じる時がありました。


「みんなで作った看板」はこれから先の未来も、
子供たちと園を見守ってくれることでしょう。


梅もほころんで、今にも新緑が芽吹きそうな季節になりました。


    なのはな園は来年で20周年

 

これからも、一歩一歩、歩みつづけます。

- 看板チーム 在園児父 -

 


みんなで作る看板 その2

あぁ〜もう師走ですね。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、掃除もしなきゃ、年賀状も書かなきゃ・・・。

なにか気ばかり焦ります。。。

 

そんな時、「看板」彫ると癒されます・・・

 

12/15(日)は再び看板彫りの作業を進めました。
 


水鉢に氷が張るほど冷えていましたが、日中は暖かくて良かったです。
 


大人たちの真剣な取り組みに、子供たちも時より覗きこんだり興味深々でした。
 


ロゴの文字周辺は細かい作業なので技術が要ります。ノミの切れ味も重要。

トントントン! カンカンカン! 木槌の音が響き渡ります。

 

さて、今回の看板作業最大のテーマ

 

「みんなで作る看板」

 

これをどう叶えるか・・? 看板チームは考えました。

そうだ!皆さんが集う餅つきがあるじゃないか!

というわけで

園の一大イベント「お餅つき」の時、在園の父母皆さんに少しづつ彫っていただこうと思っています。
 


物の溢れた現代、便利な現代社会ですが、ここには違う世界があります。

手作りを大事にする。手作りの幼稚園

看板にはそんな意味も込められてるのかな・・・

 

少しづつ形になってきた手作りの看板

完成が楽しみです。

- 看板チーム 在園児父
-


ひかりをともす12月

ろうそくにひかりを灯しましょう♪
この声が聞こえてきたらおはなしの時間
こどもたちは耳をかたむけファンタジーの世界にいざなわれます

毎年冬がくると私たちはろうそくをつくります
蜜蝋のにおいがお部屋いっぱいにひろがり
細い芯はゆっくりと身を太らせます。
おはなしのときは蜜の色のろうそく
そしてアドヴェントの時には毎週1本づつ聖なる赤のろうそくを灯します
今はアドヴェント第2週目 鉱物の世界を経て、植物の世界を祝福します

ひかりを灯すこと 
辺りの暗さを変えるのみでなく
こころの希望や平安を感じさせてくれるものへと変わります



そしてクリスマス お互いの感謝をこめて贈り物を送る習慣が
どこの世界にもあります。
ひかりとともになのはな園の「なたね」1day shop (12/13 10:30〜12:30)
をのぞいてみてくださいませ。
きっと素敵な贈り物が見つけられますよ。
そうなるといいなぁという気持ちを込めて ひかりが届きますように
 

みんなで作る看板

「人はなぜゆえに看板を彫りたくなるのか」
 

「それはそこに看板があるからである」

 

そんなわけで秋深まる11/23(土)、
看板チームによる合同作業が行われました。

この看板制作は20周年事業の一環です。

 
現在なのはな園の門前にある看板は、
創立10周年の際にみんなで彫られたものだそう。

それから約10年、風雨によりもろくなってきた看板を新しく作り直そう!
と、立ち上げられたのが看板チームです。

 

最大のテーマ----------「みんなで作る看板」----------

 

在園の父母、先生達にもみんなに少しずつ手を入れてもらって
彫っていこうと思っています。

その前にある程度の形を看板チームで彫り進めています。

 


まずは看板チームでハイレベルな打ち合わせ〜

ロゴデザインとカッティングシートによる印字は
デザイン関係のお仕事をされているお父さん方の協力を頂きました。

 


機械による荒削り作業
 


皆さんで「あーでもない、こーでもない」と彫進めます。
 


前半、静かに刃物を研いでいた彫刻経験のあるお母さんも後半は参加。

凄まじい勢いで彫っていきます。
 


日没後、灯光器による作業。。。しだいに寒くなってきました。

木槌の音がだけが辺りに響き渡ります。
 


このところ空気が澄んでいて日暮時は幻想的な夕闇につつまれます。

新しい看板の全貌も少しづつ見えはじめてきました。。。

春までには完成するでしょうか。。。


 


雨が多くなると虫も多くなる今日この頃

突然の音にびっくりした人たちも多かったのではと思う今日の突然の大粒の雨

雨が降った後、晴れた日には多くなるものがいますね。

それは高い羽根音を鳴らしているのに、近づいてもまったく気づくことのできない

モスキート!!

そんな虫がそばに寄るのを最小限にするために、なのはな園ブレンドの虫よけアロマです。


 

詳細は手にとって香りをふりまいてみてね。

21日のなたねショップで用意しております。

もちろん、一日体験でもお会いできますよ。




 

これはそんなアロマを迎え入れるお皿たち

乾燥させているので焼き上がりまで少々お待ちいただきますが、

なたねで注文を受け付けたいです。





また陶器のボタンも乞うご期待!





今日の手仕事、勢ぞろい。なのはな園の親の会、手仕事現場からお伝えいたしました。



最新記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

カテゴリー

過去の記事

リンク

サイト内検索

管理者用