講演録「私はあそこへ生まれていこう」より

雨と、雨の合間に照る日差しに

いよいよ木々の育ちも勢いを増しています。


今年もなのはな園のお庭に

枇杷が実る季節がやってきました。


 


今日は

松浦園 講演録「私はあそこへ生まれていこう」

   −0〜3歳の子どものために親ができることー より

内容の一部をご紹介したいと思います。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

私はあそこへ生まれていこう 

      ー0〜3歳の子どものために親ができることー

 

 

「私」と「あなた」

 

「私」がどこにあるかというと、この体の中にあります。

ちょっと皆さん自分の体にさわってみてください。感じられますか?

今椅子に座っていますよね。椅子と「私」の境目って感じていますか?

今私が話をした途端に感じましたよね。

ふだんは、椅子と「私」の境目って、あまり意識していないと思うんです。

 

触覚は、触れて感じる感覚ですけれども、本来私たちが無意識に持っている感覚なんですね。

これを全部意識していたら、すごく大変です。痛いし、敏感でピリピリしてしまう。

ですから触覚は一番鈍感な感覚なんです。

本来はものすごく無意識な感覚です。でも一番外にさらされている感覚なんです。

 

触覚は、一番外側の皮膚感覚。この皮膚で私たちの肉体は守られています。

体は「私」というひとつの存在を入れておくいれものなんですね。

「私」という存在を入れておく器、この器があるから「私」がここにいられるのです。

その器を育てているのが7歳までの時期なんです。

 

ところが今、この「『私』がここにいるよ」という感覚が

とても薄い子どもたちが増えてきました。例えば境界線がわからなくなってきている。

「さわっちゃいけないよ。これはよそのおうちの」ということを

知る時が3歳以降くらいになってでてきますよね。でもそこがわからない。

とにかく欲しいと思ったら何でも取ってしまう。

そういう時期、例えばお友だちのおもちゃを何でも取っちゃう時期は

2,3歳くらいまでありますよね。「欲しいー!」って。

でもだんだん「これは〇〇ちゃんの」「これは△△ちゃんの」って、わかるようになってくる。

「これは僕の」っていう見えない境界線のようなものを子どもが感じられるようになってくる。

ところがその境界線は、「私」ということを感じていなければ、感じられないものなんです。

そのために、子どもの体を感じさせてあげることがすごく大事です。

 

赤ちゃんのマッサージってよく言われますけれども、赤ちゃんの体を優しく撫でてあげてください。

撫でることで「あなたがここにいるのよ」と子どもに感じさせられます。

言葉で「ここにあなたがいるのよ」って言うことはありません。

子どもたちの体に触れてあげること、それから抱っこしてあげること。

抱っこしてあげることで、子どもは内側に自分というものを感じることができます。

 

泣いている子どもが落ち着くためには、抱っこってすごく大事ですね。

抱っこには、お母さんを感じて安心できるというのもあるんですけれども、

もうひとつ大事なのは「さあ、ここにあなたがいるよ。戻っておいで」っていう感覚を

子どもが持つ助けになるんですね。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

講演録はなのはな園のホームページよりご購入いただけます。

http://www.nanohana-en.com/book/

 

今後もそれぞれの内容をすこしずつご紹介していきます。

 

 

 


説明会のご案内

いつもそこにあり

出迎えてくれる

なのはな園のお庭

刻々とその表情を変え

桑の実が色づきはじめています。

 

緊急事態宣言も解除となり

なのはな園の説明会は日程を改め

開催させていただくことになりました。

 

なかなか積極的な外出が難しい時ではありますが

皆様が安心して説明会にご参加いただけるよう

感染防止対策をしっかりと講じてまいります。

 

日時:

6月20日(土) 9:30〜11:30

7月4日(土) 9:30〜11:30

8月1日(土) 9:30〜11:30

9月5日(土) 9:30〜11:30

参加費:無料

 

三密を避けるため各回少人数制で行います。

ご参加いただく際には、

マスク着用、およびに入室時の手洗いをお願いいたします。

 

詳細、お申込は

なのはな園公式サイトの園児募集・説明会ページをご覧ください。

 

今後も状況により開催内容に変更の可能性がありますが

その場合は公式サイト、およびにインスタグラム(@nanohanaen )、

フェイスブックページにてご案内いたします。

 

ぜひ一度なのはな園の空気を感じにいらしてみてください。

 

 


講演録「スマホから離れてみると、みえること」より

青空に浮かぶ雲が夏のような1日でしたね。

 

なのはな園のお庭はいよいよ緑が濃くなり、

子どもたちが遊びにやって来るのを待ちわびているようです。

 

 

 

今日は

2018年度 松浦園講演録

「スマホから離れてみると、みえること」より

内容の一部をご紹介したいと思います。

 

 

講演会開催当時もとても反響の大きかったテーマですが、

コロナ禍によって、仕事でも学校でも

急激にオンラインへの流れが進んでいる今、

 

自宅でのテレワークなどで、

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも

スマホやパソコンなどメディアとの関わり方について、

気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

私たちは何を大切にし、

今後どうやってメディアと付き合っていけばよいか。

いまいちど考えてみる、よいきっかけとなるかもしれません。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

スマホから離れてみると、みえること

 

         ・・・想像するための基となるもの・・・

 

 

私たちは、感覚を通してこの世界と出会っています。

「これは竹でできたものなんだよ」「これは布だよね」

どんな匂いがする?どんな味がする?どんな音が聞こえる?どんな感触がする?

私たちは大人になっていろいろなことを判断します。

その判断の基になるのは、自分の経験です。

自分の身体に感覚として入っていること全てを基にして、いろいろなことを判断しています。

だからこそ、乳幼児期に、本物をいかに体験しておくかということが大切なのです。

 

小さい時から何度もディズニーランドのお城を見ていたら、

大きくなってドイツに行き、本物のお城を見たときに、

「なんだ、ディズニーランドのシンデレラ城の方が綺麗だよね」

と言うんじゃないかな、と思います。

実際にヨーロッパにある本物のお城は、あんなにカラフルで小ぎれいではありません。

雨に濡れて、風に吹かれて、くすんだような色をしています。

何百年と言う歴史の中にあるのが、お城なんです。

これが昔話の中に出てくるお城の本質です。

私は、子どもたちが大きくなったらこの本質がわかる人に育ってほしいと思います。

判断するのは頭の知識だけではないのです。

この全身を通して、私たちは日々判断をしているのです。

だから子どもたちがやがて自分で判断する大人になるために、

体を通していっぱい本物を体験しておいてほしいと思います。

そして大きくなってパソコンやスマホを使うようになった時に、

「これは本物の体験ではない」ということが

ちゃんとわかっている大人になってほしいと思います。

 

 

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

講演録はなのはな園のホームページよりご購入いただけます。

 

http://www.nanohana-en.com/book/

 

今後もそれぞれの内容を少しずつご紹介していく予定です。

 

 

 

 

 

 


講演録「関わりの中で育つ子どもたち」より

 


大粒の雨が、新緑の若葉や満開の花を濡らしていますね。

 

なのはな園では書籍の販売を再開致しました。

 

 

自粛生活が続き、

お子さんと過ごす時間が増える中で、

ほっと一息つける時間がなかなか持てない

という方も多いと思います。

自分の子育てについて、親として…

考える機会も増えているかもしれません。

 



講演録では、

長年子どもを見つめてきた松浦先生だからこその、

本質にせまる言葉がたくさん語られています。


子育てのヒントとして、気分転換として、

お母さんの心がほどけるきっかけとなれたら…

 

 


今は手にとってご覧いただくことは叶いませんが、

講演録の一部をご案内していきたいと思います。

 

 

2008年度講演録

『関わりの中で育つ子どもたち』をご紹介しますね。

 

************************************

 

 

        「違う」ということの素晴らしさ

 

 

子どもの遊びなどはまさしくそうです。

例えば、子どもたちが赤ちゃん人形をそれぞれ抱っこして遊んでいました。

その時、1人の子が遊び紐(毛糸で編んだ紐)を持ってきて

「先生、赤ちゃんをおんぶしたい」と言いました。

普通の1本のシンプルな遊び紐も、シンプルであればあるほど子どもの遊びは豊かになるんです。

(実際に子どもたちがおんぶしているようにやって見せながら)

で、こうやっておんぶするんですね。

1人がおんぶすると「私もおんぶしたい」と言ってきて、

3歳児の場合、だいたい皆が同じようにします。

 

つまり子どもの遊びの面白さというのは、誰か1人がちょっと違うことをすると

それを面白いと感じて「私もしたい」と、同じようにして広がっていきます。

だから子どもたちは、友だちと一緒に遊びながら友だちのすることを取り入れて、

どんどん豊かになっていくんです。

 

それで、しばらく男の子も皆赤ちゃんをおんぶして遊んでいました。

すると1人の子が、頭にこうやって小さい遊び布をかぶって(やって見せながら)

「雨が降ってきたー」って走り出したんですね。

すると皆が同じように「大雨だ」と言って走りだした。

そこはもう一瞬にして大雨の世界になっていきました。

 

こういう発想は、大人がしようと思ってもなかなかできません。

やっぱり子どもの発想は素晴らしく、

それをお互いに模倣して吸収していく力もすごいものです。

まさに子どもの遊びの世界というのは「違う」から面白いと思えることと、

面白いから「真似したい」と思うことの両方があって、豊かに広がっていくんです。

「違っている」という要素がいかに豊かなものを生み出していくのかがよくわかります。

今の日本の中で「同じ」ことがすごく私たちを安心させているように思いますが

「違う」ということもやはり大切なのです。

 

 

 

 

************************

 

 

 

講演録はなのはな園のホームページよりご購入いただけます。


http://www.nanohana-en.com/book/

 

 

今後もそれぞれの内容を少しずつご紹介していく予定です。

 

 

 

 

 

 


未就園児クラス第1期中止のお知らせ


なのはな園では

皆さまの健康と安全を考慮し

第鬼の未就園児クラスは

やむなく中止させて

いただくこととなりました。

今回たくさんの方々に

お申し込みをいただいたなかで

とても残念ではありますが
今後の状況に応じて

皆さまとつながりを持てる機会を

改めて検討していきたいと

思っております。

大きな変化の時ではありますが

日々の何気ないひとつひとつが

種となり

すくすく育つ

ちいさな子どもたちの

根となりますように。


なのはな園で集える日を

楽しみにしながら

みなさまの健やかな日々を

願っております。



最新記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

過去の記事

リンク

サイト内検索

管理者用