春の日に。

 

あたたかな陽射しに包まれた春の日に、

 

なのはな園から12人の子どもたちが卒園していきました。

 

 

 

今年度も無事に保育を終えられましたこと、

晴れやかに子どもたちを送り出すことができましたこと、

 

なのはな園に関わってくださった全ての方へ心より感謝いたします。

 

 

ありがとうございました。

 

 

これからの新しい世界も、

あなたらしく歩んでいかれますように。

 

 

この先の未来も、光に満ちた日々でありますように。

 

 


スイス・ドルナッハからのお便り


ゲーテアヌム    スイス・ドルナッハのゲーテアヌム

みなさま、こんにちは。

初めてご挨拶させていただきます。                        
なのはな園で教師をしております松浦 園です。
日本は今、桜が満開の美しい時を迎えていることと思います。

私は今、スイス・バーゼル近郊のドルナッハで、教師のための国際会議に参加しています。
このドルナッハには、ゲーテアヌムというルドルフ・シュタイナーが設計した建物があり、
教育、医学、農業、音楽など、アントロポゾフィー(シュタイナーの世界観に基づいた思想)の活動の拠点となっています。

この会議は、「0歳から14歳の子どもの成長の節目について考える」というテーマで開かれています。
世界各国から500人以上の保育園、幼稚園、小学校、医療関係者が集まり、幼稚園から小学校への移行や9歳ころに現れる子どもの意識の変化などについて学んでいます。
国を超えて、現代の子どもが必要としていることや、周りの大人が大切にしたいことを語り合えることは、「人として育つ」ことを目指すシュタイナー教育の素晴らしさだと、改めて感じました。



いろいろな国の先生たちとの出会いを通して、たくさんのギフトをもらいました。
4月からの子どもたちとの毎日が、とても楽しみです。

この学びは、これから、講演会などでも、お知らせいたしますね。

では、みなさん、春の良い季節をお楽しみください。
 

1

最新記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

リンク

サイト内検索

管理者用